読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎ猫のACL再建・リハビリ日記

スキーで前十字靭帯断裂したむぎ猫のスポーツ復帰までの奮闘記

手術までのリハビリメニュー1(最初の4週間)

手術まで4〜6週間のリハビリ。

受傷後すぐに手術しないのは、主に3つの理由があるらしい。


・炎症がまずおさまってから

・膝の曲げ伸ばしが正常になってから

・筋力がある程度戻ってから

(左右の差をできるだけ少なくする)


その上で手術をする方が、術後のリハビリがスムーズらしい。


なので、リハビリも、関節の可動域訓練、筋力増強、協調性訓練、歩行訓練など。


具体的には、こんな感じ。こ

れは週一回のリハビリ以外にも、自宅での自主トレでやっていたメニュー。


・足を投げ出して座って、膝の下にクッションをいれて、そのクッションを垂直に押す

・その体制で、膝のお皿を上にくっくっともちあげること

・仰向けに寝てバランスボールに足裏を乗せて腰をあげること

・仰向けに寝てバランスボールを膝の間に挟んで、腹の上まで運ぶ往復運動


f:id:aclmugi:20150323111328j:plain


腿の前っ側の大腿四頭筋、後ろっ側のハムストリング、あと、体幹を鍛えてるよう。

自宅でやってると、正しくできているのかどうか、よくわからない。


あと、リハビリでは、エアロバイクや歩行訓練。グラグラしたクッションの上で片足バランスなど。


リハビリ開始の3週間後では、足の可動域は、伸展10度、屈曲40度。まだまだ^^;