読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎ猫のACL再建・リハビリ日記

スキーで前十字靭帯断裂したむぎ猫のスポーツ復帰までの奮闘記

雪上復帰

とても間が空きました(^^;;

遡りで書いていきます!

※術後8ヶ月半(12月2週目)


11月に予定していた初すべりは雪がなく、断念。リハビリで目標数値の左右差80パーセントが達成できないまま、12月の2週目、初滑りにいくことに。ドクターからは、ま、無理しないでね、と暫定オッケーをもらってはいたけど、ふあーんT_T

でーもー!

すべりたいんだもーん!!


ひさしぶりにひっぱりだしたスキー道具をみて、ニヤニヤする(^ ^)前日は、コーフンして寝られなかったぐらい笑

f:id:aclmugi:20160129135032j:plain

うん。いいウェアだな(^ ^)


@アサマ2000

中級バーンと緩斜面の2面のみオープン。今シーズンはほんと雪が少ない。

f:id:aclmugi:20160129135551j:plain


一本目。

雪上に戻れたことがうれしくて、うれしくて。左足にへんな捻りがおきないよう、慎重にすべる。うん、だいじょぶ!!!ついに雪上に戻ったなぁ、としみじみ。あぁ、うれしい。


そして、数本すべったのち、、、



んーーー。

なんか、、、、つまんない。


・・・あたし、下手になってるーーーT_T


私の滑りの最大のネック、お尻がおちる、つまりポジションが低い・後ろであること。


自分でわかる。怖いからこうなる。

わたしが左足を信用してないから。

スキー板と自分の気持ちが一致してない、板が自分になってない感じ。


うーー、うーー、と思いながらも、だんだん左足が熱くなる。1時間くらいすべって休憩へ。こまめに休みをとり、かつ、長時間は無理だなーと判断。ま、今日はしょうがない。今シーズン、準指検定うけなかったのは正解だな。ちぇー。テンションだだ下がり↘️


でも午後、緩斜面でずっとポジション確認してたら、感覚がもどってきた。あら、もしかしたら、もしかしたら、あたし、いけるんじゃ!?


もう一度、中級バーンへ。


うん、いける!!


あたし、いけるー!*\(^o^)/*


、、と思いながらも、足は熱い。

もう一本、が、スキーのやめどころ。

早々とあがりました。


そのあとは、すぐにアイシング。

いつもは滑り終わったあとにすぐにお風呂でさっぱりするのだけど、熱がとれてから。

あと念入りにクールダウン。


雪上復帰の目安として。。。

あくまでも自分の感覚だけど。

・がちがちに硬いスキー靴をはいて、雪の不安定な上を歩くこと。

ビンディングをがつんと踏みしめ、板を履くこと。

この二つの動作をリアルに考えた時に、できそうか、できなそうか。たぶん自分が1番わかるはず。

すべることはできるもの、だって重力があるからおちるんだもん。あとはへんな滑り方をしないこと。外向形なんてもろ膝に負担かかる。


なので、この二つの動作がいけるなら、雪上復帰はできるんじゃないかな。あとは絶対無理はしないこと。

早くあがる。今日はよくできました◎