むぎ猫のACL再建・リハビリ日記

スキーで前十字靭帯断裂したむぎ猫のスポーツ復帰までの奮闘記

脱ステとスキー

ログ数が一気にあがるようなタイトルですが、あたししか書けないネタ。アトピーとスキーのこと。


※ぜんっぜん関係ないけど、うちのむぎ。この三月で成人、20歳になりました*\(^o^)/*

f:id:aclmugi:20170518013327j:plain


f:id:aclmugi:20170518013418j:plain

かーわーいーいー^ ^



11月中頃から脱ステロイド開始。最初は特に何も問題なく、1月下旬くらいから徐々にガサガサがひどくなり、準指1〜2週間前あたりが1番つらかった。でも脱ステ最初の3ヶ月を乗り越えられたのはスキーのおかげかと。なぜか。


①かゆいけど、物理的に掻けない。手袋つけた上に、スキーウェアのすき間から手つっこんでかくのは不可能。しかも滑ってる時にはかゆいことは忘れる、きっと集中してるのかと。リフトにのった時に、かゆいな…と思い出すことはあるけど、ほんの数分だし実際かけないし。。。


②ガサガサになってる顔が隠れてる。

f:id:aclmugi:20170518003408j:plain

こんなよ?笑

ご飯食べるときがちょっと難関ではありますが…。バラクラバを使い始めたら、完全に焼けないので日焼け止めをぬることもなくなり、お肌への負担もへった。


バラクラバってこんなの。

BXB Type 3Way タクティカル フェイスマスク ・アーミー バラクラバ ・SWAT 目だし帽 ミリタリー カモフラージュ ・ ネックウォーマー イヤーキャップ ・ 万能 ヘッドウェア ★ 通気性・保温性・速乾性 良好 ~サラっとした着け心地~ 軍用・サバイバルゲーム・自転車・バイク・アウトドア ブラック


③脱ステ中に推奨されている適度な運動ができたこと。アトピーがひどくなると、精神的にやられて外に出ていけなくなる。準指検定という目標の前に練習しないわけにもいかず。確かにゲレンデに出る前はしんどいな、とか思うけど、いったんゲレンデに出ると上記のとおり。


とはいえ、宿に戻ればしんどいし、ステロイドはお守りにもってきていたので、使っちゃおうかなと毎分毎に葛藤しながら寝込んだ日もあった。私のこの冬の1番の目標は準指検定なわけで、練習に影響で始めたら脱ステやめよう、と思ってた。寝られなかったのが1番つらかったかなー。この時期はお酒はやめていました。明らかに悪化する。


何か塗りたい欲はどうしてもあって、ステロイドのかわりに、アーユルヴェーダのギーを作って塗ったりもした。効いたかは微妙(^^;;ま、気休めにはなったかな。あと、脱ステ友達から分けてもらったグリテール。これは緩やかではあるけど助けにはなった。ただ匂いが…スキーウェアがこの匂いになるのはイヤだったので、昼間は気休めにギー、夜はグリテール、みたいな感じで1ヶ月くらい過ごした。


でも。

スキーをしている週末は乗り越えられたけど、平日は2日ほど会社を休んだ。アトピー悪化というより、身体がだるくて。今まで自分の身体で副腎皮質ホルモンを作るのでなく、ステロイドにたよっていた身体に、いきなりステロイドを外から摂取することをやめ、炎症がおきてる自分の身体に自分の力で治そうとしている、それには身体がとってもがんばるわけで、本当にぐったりしてしまう。たかが皮膚、と思っていたけど、そんなことなかったんだなぁー。今まで身体にムチ打って薬でなんとか乗り切っていたんだなぁ、と反省した。幸い、仕事は休みやすい環境なので、それに甘えてきちんと身体を大事にすることを にした。


脱ステを礼讃するわけではなくて。医療現場におけるステロイドの必要性は理解するし、なんでもステロイド✖️と思っているわけではない。QOLの観点からもステロイドをうまく使う、も理解する。

でも、ここ1、2年、アトピーの悪化著しく、2年くらい前に内服のステロイドを飲まないとおさまらなくなって、だんだん怖くなった。ステロイド、いつかきかなくなったらどうしよう?そもそもステロイドがないと正常にならないって身体はどういう状態なんだろう?って疑問に思い始めたのが脱ステのきっかけ。


とは言え、脱ステだけを突如として11月から始めたわけではなく、今考えれば徐々に2年間かけて準備してきたんだなと思う、こんな感じで。


約2年前

ステロイド内服しないとアトピーがおさまらない。突如脱ステ。よく言う'リバウンド症状'。5mmくらい顔が前面にでてるかっていうくらいパンパンに腫れ、湿潤液が噴き出した。3日間くらい会社を休むことに。さくっと断念。


とりあえず、自分はどれくらいのステロイドを使っているのかを自覚しよう、と。そして、せめて内服はやめて、ひどくなったら無理せず会社を休もう、と。


・病院で処方してもらうヒルドイドクリームとステロイド軟骨の混合クリームをやめて、別々にだしてもらう。

→こんなに使ってるんだ、と、あらためてびっくり。ちなみにステロイドアンテベート、5段階のうち上から二番目に強い薬。


漢方薬、黄連解毒湯を飲み始める。

→身体の熱を冷まし痒みがでないようにするもの。効いているか効いていないか正直よくわからないのが実際のところだけど(^^;;、しんどい時には、飲むとなんとなくラクになるような気はした。


黄連解毒湯

http://mentalsupli.com/kanpo/kanpo-mental/ourenngedokutou/

※7.効果が期待できる人が、信じ込める人ってのがウケる。たしかに。こんなに苦いクスリ飲んでるんだから、効いてもらわないと困る!という気分ではある。苦いんだ、ほんと、これ…



・食事をみなおす。

→糖質控えて、たんぱく質をとるように。腸内環境整えるため、菌活をはじめる^ ^納豆、キムチ、ヨーグルトなどをよく食べる。お気に入りのメニューは、アボガドマグロ納豆^ ^ そこにキムチも入れたりして。糖質オフダイエットにもなり、3ヶ月で4キロくらい体重もおちた(見事にこの冬で戻りましたが)


今回、2年前みたいに激しいリバウンドがでなかったのは、こんな風に徐々に準備していったからかなぁ、と推測。

とはいえ、今も治ったわけじゃないし、相変わらずかゆい。相変わらず悩みながら脱ステ中。とりあえずもう少し続けてみようかなと。




抜釘手術(再建手術から2年2ヶ月)

やっとリアルタイムにおいつきました。入院中ヒマで…😅今シーズンの振り返りができました。

雪がまだまだある今シーズン、熊の湯で強制終了したのは抜釘手術があるからで…。


入院までは、手術前検診をうけたり、麻酔科医と面談したり、限度額申請をしたり。2年前と同じ。

今回も、全身麻酔とのこと。いろいろ検索してると部分麻酔も多いみたい。

今回は硬膜外麻酔はないとのことで、そこまで痛みはない、と。。。前回の痛くて笑えた夜を思い出し、不安になる、、、、本当に痛くないの??🙄


◎手術前日

入院、、、その前まで残業続きだったので猛烈に疲れてた。前日入院って、ヒマなんだけどーと思ってたけど、手術に向けて体を休ませるためなのね、と合点。ひたすら眠りました。


◎手術当日13:30手術

前日の夜から絶食、当日朝から点滴。

この点滴は、全身麻酔の場合、術後しばらく頭を起こせないから、水分や電解質補給のためと、抗生物質をいれるためのもの。

手術室に入り、口に酸素マスクをあてられて深呼吸3回目くらいで記憶なし、起きたら手術終わってるというパターン。時間にして40分くらいかな。あっというまでした。

f:id:aclmugi:20170515163639j:plain

2年間、お世話になりました、なんか不思議。

f:id:aclmugi:20170515163757j:plain

スネの部分の2本を抜きました。腿の方は肉の深いところにあるので抜かないモノとのこと。


先生からは、少し癒着していたので余分な滑膜を削ったのと、内視鏡で確認した靭帯は問題なし、半月板が少し切れていたけど問題ない程度なので放置とのこと。

抜釘手術のよいとこは、靭帯再建を目視確認ができること。場合によっては余計な滑膜を除去し、そのことによって稼働域が広がるとのこと。私は伸展がイマひとつ、と言われていて、これで多少変わるのかなぁ。


目覚めるということは、全身麻酔が切れたということ。つまり、、、いーたーいーー!!

喉に気道確保していたチューブがとられ、まだきちんと声が出ない中で、先生にお礼と、痛い痛いと訴える。痛くないっていったじゃん、痛いんですけどー!!😭4時間たたないと次の痛み止めは投与できないと。おにー(>_<)

身体にはまたいろんな管がついてる。

尿道カテーテル

・腿にぶっささったドレーン(内出血を外にだすためのもの、でも結局血はほとんどでてなかった)

・心電図

・点滴(抗生剤)

・酸素マスク

・両足にマッサージ(血栓できないように)


夜7時前に酸素マスクを外す。全身麻酔の場合、自発呼吸が浅くなるので酸素マスクをして術後もしばらくする。頭痛くなっちゃったり気持ち悪くなっちゃう人もいるらしい。目覚めた直後から喋り捲って元気な私(^^;;少し早めに酸素マスクをとってくれました。


気道確保のチューブをいれたため、喉がいがらっぽい。喉飴も飲みモノも、夜9時解禁。

頭をあげられないので、寝ながら飲める紙パックのリンゴジュースがありがたかった。

お腹も手術直後からお腹は空いていたけど、飴が空腹感を紛らわせてくれた。

のど飴と紙パックジュース、必須かも。

痛みは、4時間過ぎて痛み止めもらえる時間になったけど、なんだかタイミング悪かったり、わざわざ看護士さん呼ぶのもな、とか。あと点滴が電解質液と抗生物質がすでに2つ点滴台にあって、痛み止めは点滴か座薬と聞いてたので、点滴これ以上台にのらないじゃん、つまり座薬かぁ、うーー、とか思っているうちに寝落ち。つまり、痛かったけど、それくらいの痛み。

痛かったけどね!!😰


◎手術翌日

朝から食事。痛み止めロキソニンを飲んだ。

同時に心電図をとってくれた。

午前中にドクターがきて、ドレーンをぬいてくれた。傷口の仮止めみたいなテープをはがして絆創膏を3箇所にはって包帯の巻き直し。じーーっと傷口観察。前と同じ傷口を使ってくれてる。傷口が見えると、なんだか安心。あー、こうなってるのねって。

f:id:aclmugi:20170514230049j:plain

傷口の写真は自粛。


痛みは、、、傷口ではなくスネであること判明。どうやら、内出血が膝からスネにかけておりてきているみたい。スネがピリピリ痛い。特に足首を曲げるとひっぱられるのか激痛。再建手術の時もそうだったなぁ。その時も先生にいったけど、あまり相手されなかった。これ、本質的なとこの傷じゃないかもしれないけど、結構痛いのよ??

手術翌日に退院する人もいるって聞いたけど、絶対無理!!

お昼近くで尿道カテーテルを抜いてもらう。これがまたなんていうか…😑もう少し早く抜くこともできたけど、尿道カテーテルぬく=自力でトイレにいくということ。まだできる気がしなくて。

夕方に最後の抗生剤をいれて点滴終了。

これで全ての管が取れました。

この日は一日車椅子移動。足も少し高くしてずっとアイシング。

寝る前に看護士さんから、え、まだ歩いてないんですか的に驚かれる。

無理だよぅ😣スネが痛いんだよぅ😖


◎術後2日目

だいぶ痛みもひいてきたのと(正確にいうと、痛い部分が移動してきてあまり気にならない場所に)、まだ歩いてないの的反応が気になって、頑張って歩いてみた。まだびっこな感じだけど、ゆっくりなら歩ける。たった数日だけど、使ってなかった分、筋肉が落ちたことよくわかる。意識的に使わなきゃダメだなと思った。相変わらずスネは痛いけど、まあ、大丈夫。がんばる😤

お風呂はまだ入れないため、頭だけ洗う。すっきりした^ ^


◎術後3日目

退院。

手術の次の日から土日だったから、術後3日目で退院だったけど、翌日は無理だとしても、術後2日目で十分かなという気がした。看護士さんの放置っぷりが再建手術に比べて、全然大した手術じゃないんだって物語ってた。松葉杖ナシ。階段下ることや走ることはできないけど、片足立ちはできるぐらい⭕️


4泊5日の抜釘手術。

前回はケガした後からお酒を飲まない生活習慣ができてから入院だったけど、今回は、、、。さー、やっと飲める😙


痛い痛いと書きましたが、過ぎてみれば再建手術の痛みの1/10くらいかな。再建手術の骨の内部を鈍器で殴られるあの感じに比べれば、、、。







シーズン2016-2017 スキーいろいろ

振り返り4


準指検定がおわってもまだまだたっぷりスキーシーズン。


ポールレッスンを受けたり@尾瀬戸倉

f:id:aclmugi:20170514205805j:plain

f:id:aclmugi:20170514210016j:plain


試乗会にいったり@菅平、3週間ぶりなだけなのに、すでに懐かしい(;_;)

f:id:aclmugi:20170514210907j:plain


草技選にでたり@鹿沢(結果は悲惨でしたが)

f:id:aclmugi:20170514210751j:plain


いろいろ新しいことをしました。


もう桜は咲いてるのにね(^^;;

f:id:aclmugi:20170514211116j:plain


そして!

念願の神楽ケ峰BCツアー^ ^

友達からファットスキーをいただきまして*\(^o^)/*

f:id:aclmugi:20170514210310j:plain


デビューです。

f:id:aclmugi:20170514213353j:plain


f:id:aclmugi:20170514213226j:plain

うしろは苗場山

クラブの仲間が続々と山スキーデビューしていく中で、もくもくと横滑りとか基礎練していたわけで笑


早くゲレンデスキー卒業して、山スキーの世界に行くんだっと思っていたんだけど、基礎スキーの奥深さもわかった今シーズン。でも山スキーもやっぱり楽しい。

うーん、やることたくさん。


春コブも@丸沼高原

f:id:aclmugi:20170514213846j:plain

ゲレンデでシャンパンのんだりして。

f:id:aclmugi:20170514213948j:plain


最後、自主ゴブトレ@熊の湯

f:id:aclmugi:20170514214204j:plain

コブ道場笑


ピッチが狭いから、とか、深すぎるから、とか、もうコブのせいにはしないことにした。

f:id:aclmugi:20170514214350j:plain

準指検定の時よりは、マシになったんじゃないかな。


多少つかんだ感を得て、熊の湯(GW)をもって今シーズン終了〜。滑走日数45日、よく滑りました!


今年は雪が多くて、まだまだ滑りたいけど…。もう山菜の季節なのです!!

f:id:aclmugi:20170514214824j:plain

あー、春は忙しいな、やることたくさん。


基礎スキー生涯スポーツとしてのスキー、山を楽しむためのスキー、コブの達成感。

いろいろスキーを楽しんだシーズンでした!


(か、カネが〜😅、この冬いくら使ったんだろ、、、恐ろしや)


結局、最後まで装具はつけていました。

準指検定の前日、装具つけ忘れてゲレンデに出てしまったのだけど、ん、もしや制御解除?笑、ターンしやすくなったりして、、、と思ったのだけど、やはりなんとなく心細く、、あと、だんだん寒さで痛くなった気もして、やはり装具はつけました。

春コブも、特にコブはこわかったのでつけてました。


でも、なんとなく、なくても大丈夫な気もする。一生装具なしじゃ滑れない、というわけではなさそう、人それぞれかなという気もしました。私の場合、精神的な安心感もあるかな、と。


熊の湯からの帰り道。

草津白根山が雪山から夏山へ移り変わる景色、どこまでも歩けそうな稜線。

よみがえるうずうず感。

f:id:aclmugi:20170514220228j:plain

山歩きの季節へシフトチェンジ…!






ブログコメントについて

コメント、改めてよみかえしたら、随分多くの方にコメントいただいてること、また、同じ境遇の方ばかりだなと思いました。

コメント表示できるようにはしていないのですが、コメント嬉しく読んでます、ありがとうございます😆


ケガして2年。目標だった準指試験をぶじケガなく終了できて思うこと。(受からなかったけど…)


カラダは裏切らない!!


…と思います。


楽しいスポーツライフを🙌😆


シーズン2016-2017 食べ物

振り返り2
仕事をしながら毎週末スキーに通うとなると、いかに早く疲労回復させるかがキーになるかと。

アミノ酸とハチミツは、練習おわったらすぐ飲むようにしてた。アミノバイタルは、昼休みにも飲んでる友達がいたな。

f:id:aclmugi:20170514153950j:plain

運動あとの水分補給も大事、黒酢ハチミツも良かった。

f:id:aclmugi:20170514155003j:plain


毎週末通う宿に置きワイン🍷なるものをしたりして、お酒は飲んでいたものの、途中で気がついた、アルコールは明らかに身体の回復を遅らせる、、、、気づいちゃった😅


置きワイン🍷とオラフ^ ^

f:id:aclmugi:20170514162906j:plain

…とはいえ、あまりストイックになってもな、、ということで、酒ゼロにはしなかったものの、あまり深酒はしないようにした!えらいっ!


平日は、スキー前後にきちんと身体をほぐしたくてヨガ。金曜夜入して日曜に帰宅の前後となると、月・木にヨガ、となるとフリーになる平日は火水しかなく、、、となると、なかなか会社の仲間の飲み会は少なくなり、、、、お金の節約という意味でもちょうど良かったかな。


お金の節約という意味では、お昼はお弁当。基本パワーサラダに具沢山スープ(か、みそ汁)

f:id:aclmugi:20170514163710j:plain


普段、炭水化物をとらないようにしてても、ゲレンデにいくと、ラーメン、うどん、カレーライス、、、炭水化物祭り。これ、なんとかならないものなのかしら。

f:id:aclmugi:20170514161053j:plain

ビールはノンアル^ ^

つまみみたいだけど(つまみですが)、こんな組み合わせもあり。これに豚汁とかあればベスト、、、ってやってると1500円とかになっちゃう。


まあ、運動してるわけだし、昼間の炭水化物はとりすぎなければ良いのかなぁ、、。


おまけ。

菅平でのお気に入り。

鈴蘭館のステーキ丼

f:id:aclmugi:20170514162104j:plain

マッキンリーの鶏白湯とおいしいコーヒー(コナコーヒー)

f:id:aclmugi:20170514162353j:plain

f:id:aclmugi:20170514162450j:plain

シュワルツの肉そば(写真なし!)


あと。菅平の我が家今井館のいつも食べきれない量の温かい夕食、おいしい^ ^

f:id:aclmugi:20170514162721j:plain


以上。私の冬の身体を作った食事でした^ ^

シーズン2016-2017 準指導員検定

振り返り。

滑走日数、ちょうど30日。

手術してから約2年。


今年の菅平は、なんとパウダー。

f:id:aclmugi:20170328213545j:plain


天気もよくて、雪もよくて。

2年前、ここで3月かっこよく滑るんだ、と思った場所に戻ることができたこと、ほんとにうれしく思う。


初受験は、まー、ともかく緊張しました。

f:id:aclmugi:20170328215328j:plain

f:id:aclmugi:20170328215404j:plain


本番や、足慣らしのときに、この冬目指してた滑り、これだよこれっとキョーレツな手ごたえを感じて、うるってきちゃう瞬間もあったりして。


全種目終わったあと、このうえない旨さのビールを飲んだり。

f:id:aclmugi:20170328215645j:plain



そして、結果は、、、、


残念ながら、不合格でした。


8種目中1種目NG、総合で不合格。


悔しい、楽しい、悔しい、楽しい。

同じくらい。

でも、いろんな人からの励ましや一緒に頑張った仲間たち。

f:id:aclmugi:20170328220146j:plain

f:id:aclmugi:20170328220306j:plain

f:id:aclmugi:20170328220432j:plain

12班59(合格)クッキー

f:id:aclmugi:20170328220516j:plain


みんなで味わった不整地のキンチョー感。

f:id:aclmugi:20170328220855j:plain

f:id:aclmugi:20170328220910j:plain

忘れられないなぁ。。。


検定前日、夕飯前に宿周辺をお散歩。

f:id:aclmugi:20170515174230j:plain

キレイな夕焼け。練習終わったあとに、まだ明るいなんて、季節は確実に春に向かってるんだなぁ、と。12月の大雨の養講から始まり丸3ヶ月通った菅平。一つの場所の季節の移り変わりを感じられるくらい通うってなかなかない。お世話になりました、ほんとに。


頑張った分悔しいけど、確実にレベルアップした自分にもあえた。楽しいシーズンだったな。



…で、終わると思った。

けど、検定終わってしばらくたつと。

もやもや、と、、、腹の根底にたまる思い。



くーやーしーいー!!!



きちんとこの気持ちうけとめる。 


悔しいや。

まだまだあたし、うまくなる。

うまくなってやる!


きめた!抜釘手術する!


抜釘手術をきめた。

もちろん、スキーシーズン終わってから。


ヨガやストレッチのときに、ゴリゴリ痛いんだもん。最初、先生もまあ抜かなくていいんじゃない?と言っていたから、私もまーお金かかるし、また休まなきゃいけないし、と思ってたけど、やっぱこのままゴリゴリ残るのは嫌だなって。

f:id:aclmugi:20170131113104j:plain

f:id:aclmugi:20170131113151j:plain

まだ抜釘できますか?って聞いた。ネットの情報によると手術から2年以内じゃないと、抜けないと書いてあったから。でも、全然できるよ、と。なんだー、あせって損したー。

スキーシーズン終わってから、かつ、夏山シーズンに被らないような時期に、、ってタイミングばっちり。一か月くらいは激しい運動できないとのこと。手術はGWあと。


久々に主治医に膝を見てもらった。膝の下と上をもって、いつものようにぐぎって斜めに捻る、、、いい靭帯だなぁー、全然滑ってて不安じゃないでしょ、って、先生、自画自賛す、それ(^^;;ただ、少し伸展が甘いかな、と。。。


以前、ブログをみてコメントを下さった方が、同じ時期にACLの手術を受けていて、昨夏に抜釘して、足の動きよくなったと。(コメントありがとうございました) 伸展よくなるかな、、、関節あけて、靭帯や半月板がどうなってるか目視確認もできるし、手術に期待。まあ、またとても痛いらしいけど。。。


加えて。

最近、膝の動きがあまりよくない。滑ったあとセルフケアしてるけど、膝の協調性がイマイチ。先生に相談して、またリハビリの施設で、スポーツマッサージを検定まで定期的にお願いすることにした。検定まで、ちょうど折り返し地点。身体メンテナンスしながら、がんばろっと。