むぎ猫のACL再建・リハビリ日記

スキーで前十字靭帯断裂したむぎ猫のスポーツ復帰までの奮闘記

シーズン2015-2016(術後9ヶ月)

またまた間があきました(^^;;

遡ります。


12月下旬(術後9ヶ月)


日帰りで舞子高原スキー場へ。

シーズン滑走4日目。

雪不足なので、まず雪があるところ、でも混んでなくて(雪があるゲレンデは激混み)、でもクルマなのでインターから遠くないところ、で舞子へ。


Peak performanceのスポンサーがついてたり、非圧雪バーンが意外に多い。もっとチャラいゲレンデかと思ってた。

非圧雪、、、ふだんなら楽しい〜o(^_^)oとなるはずが、病み上がりの足には負荷が大きすぎる。。。

午前中にはもうギブアップ、膝が熱くなってる?

まー、しょーがない、よね、といいきかせて、1人早めに休憩。


この日は、私の所属するスキークラブの非公式イベントにも関わらず、今年新調したクラブウェアで4人で滑ってたところ、あまりに目立ちすぎるウェアゆえ、リフトのおじさんに、君たち何なんだ?って、、、、何って言われましても(^^;;


目立つ。。

f:id:aclmugi:20160314215737j:plain


遠くても目立つ。。。

f:id:aclmugi:20160314215856j:plain


うん、見える(^^;;

f:id:aclmugi:20160314220115j:plain



この日も、装具つけて滑走。

ドクターからは、運動用の装具を勧められたけど、不安なのでがっちりとサポート感のあるリハビリから使ってる装具で。


ZAMST(ザムスト) ZK-7 膝サポーター 371704 ブラック LLサイズ

※ドクターから勧められた運動用装具

 


帰りのクルマでもアイシングしながら帰りました。