読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

むぎ猫のACL再建・リハビリ日記

スキーで前十字靭帯断裂したむぎ猫のスポーツ復帰までの奮闘記

入院2日目・手術

爆睡。どこでも寝られるのは、私の特技。

朝っぱらから点滴がはじまる。


f:id:aclmugi:20150323142442j:plain


やたらと眠い。

点滴関係ありますか?と聞いたら、脱水しないためのただの水ですーって。ひたすら眠い。


手術着とT字帯に着替えて看護士さんをまつ。

手術前、左膝をさわりながら35年間ありがとーを伝えた!特に最初に怪我した14年前から、あれやこれやと、こきつかったなぁ。
北アルプスの縦走も、ヒマラヤやパプアニューギニアの山も、スキー2級も1級も、はじめてのポールの大会も。。。


f:id:aclmugi:20150324152616j:plain

うん、、、よく靭帯きれてるのにここまでやってくれたよ、この左膝^^;


歩いて手術室へ。

さすがに心臓がバクバク。


初めての手術室。印象は車のガレージみたい、、、ものがわさわさある。


全身麻酔の前に、ブロック麻酔を背中にうつ。これが痛いらしく、ブロック麻酔のための麻酔をうつ。どんだけ痛いんだ😰


心臓ばくばくして、ここぞとばかりにヨガ呼吸(笑)。落ちつくんだもん。

鼻ですーはーすーはーしてるうちに、ちくーっとした後、背中でごそごそ。

あれ?固いな、、筋肉ですねー、スポーツやってました?はいースキーやってますー、という会話を最後に気づいたら手術はおわっていた。


声をかけられ覚醒した瞬間、せんせー!半月板どうでしたか??と速攻きく。大丈夫でしたよ、と。

よかった。


覚醒する直前、スキーの夢をみていた。

菅平の裏太郎、↓の上から見下ろす、今まさにこれから滑ろうとしてた。きっとかっこよく滑っていたに違いない>_<

f:id:aclmugi:20150324162430j:plain


ベッドでそのまま病室へ。


いろんな管が身体からついてた。うっとおしいこと、この上なし。

・点滴

・酸素マスク

・尿路カテーテル

・痛み止め入れる背中の管

・指先に脈をはかる?管

・胸元に心電図

・手術した部位から血をぬく管


ブロック麻酔がきいていて、胸元から下は全く感覚なし。それが気持ち悪くて管付きのまま何度も寝返りをうつ。


手術終わって酸素マスクだけが最初にとれて、その日は終わり。

不快なのでひたすら寝る。

でもお腹はすく。。。明日の朝までたべられない、まる1日間の絶食>_<


夜中、痛くて目がさめる。あまりに痛くて笑える。これはあきらかに痛い!😅

ずーんとした重い痛み。

座薬の痛み止めを入れてもらって、なんとか寝る。


f:id:aclmugi:20150324152917j:plain